うるまなびマルシェ

ホーム/イベント情報/うるまなびマルシェ

《地元特産品で彩る年末年始》 今年の年越しそばは、ひと味違う! 〜大宜味産そば粉で蕎麦打ち体験とお花見〜

By |2022-12-01T23:09:47+09:002022.12.01|

うるまなびマルシェ×おおぎみりょく学びステーション 《地元特産品で彩る年末年始》 今年の年越しそばは、ひと味違う! ~大宜味産そば粉で蕎麦打ち体験とお花見~   今年もあっという間に年末を迎えますね^^; きっと慌ただしく過ぎてしまう12月ですが、、、 忘れちゃいけないのが、年越しそば♫ 一年の締めくくりで楽しみにしている方も多いのではないでしょうか! 新年を目前にした大晦日に、縁起を担いで年越しそばを食べる、江戸時代から続くとてもすてきな日本の文化です。 沖縄では、沖縄そばを食べる方も多いと思いますが、、、 大宜味村では、蕎麦の栽培が行われているんです。11月に植え付けをした蕎麦がスクスクと成長しています。 ちょうど、みなさんのいらっしゃる時期には、可愛らしい花が咲いていることでしょう♪(開催時期には咲く予定ですが、自然の産物なので咲いていない場合もございます💦)   お花見を楽しんだ後、大宜味産そば粉を使用した蕎麦打ち体験をして、ちょっぴり早い美味しい年越しそばをいただきませんか♫ 自分で打つ蕎麦は、挽きたてのそば粉の香りとコシ、もうたまりません(≧∀≦) さぁ、みんなで大宜味村へ行きませんか♪ 【講座名】地元特産品で彩る年末年始  今年の年越しそばはひと味違う!  〜大宜味産そば粉で蕎麦打ち体験とお花見〜 【日 時】令和4年12月17日(土)  ■10:00〜11:30  定員6名  ■11:00〜12:30  定員6名  ■12:00〜13:30  定員6名  ■13:00〜14:30  定員6名  ※状況により、時間にズレが生じる場合がございます。時間にゆとりを持ってお越しくださいますよう、お願い致します。 【場 所】大宜味村江洲公民館(大宜味村白浜442) 【参加費】通常3,000円   《OMTクーポン使用》    ▶︎大宜味村民・・  300円             ▶︎沖縄県民・・・1,500円 【定 員】    各回6名  【受付方法】お申し込みフォーム https://forms.gle/y58E8JPGfTx7LxAG8 もしくは、お電話にて 【お申込、お問合わせ】   うるマルシェ 098-923-3911

《地元特産品で彩る年末年始》 今年もやります! うるま市産ビーグでしめ縄ワークショップ

By |2022-12-01T21:14:43+09:002022.12.01|

うるまなびマルシェ 《地元特産品で彩る年末年始》 今年もやります!うるま市産ビーグでしめ縄ワークショップ   今年もあっという間に年末を迎えます^^; きっと慌ただしく過ぎてしまう12月ですが、、、 新しい年の始まりをお祝いする準備も、ワクワクしながら考えていることでしょう♫ そこで、 お正月には欠かせないしめ縄! しめ縄は、お正月に神様を迎えるための準備。 新年、玄関口に飾られている光景を目にします。(沖縄では旧正月でも見かけますね♪) しめ縄と言えば、稲藁をイメージする方が多いと思いますが、うるマルシェではうるま市の特産品ビーグを使用したしめ縄作りが毎年行われています。 みなさんビーグってご存じですか? 沖縄の方言でイグサのことを「ビーグ」と言います。 そう!日本人には、馴染みの畳の原料です。 減農薬栽培で育てるうるま市照間のビーグは、150〜200年前から始まったと言われ、今でも人々の暮らしを支えています。 ここうるま市のビーグは沖縄県最大の生産量があり、手触り良く、太く丈夫な照間ビーグは一度使用したら、手放せなくなるほど! 力強い大地の香りの中にも、穏やかな気持ちにされてくれる繊細な香りは、アロマとしても人気があるんです♫ 今年はうるま市産ビーグを使用したオリジナルしめ縄を作って、新年を迎えませんか! 【講座名】地元特産品で彩る年末年始 今年もやります!ビーグでしめ縄ワークショップ 【日 時】令和4年12月11日(日)  ■午前の部 10:00~13:00     ■午後の部 14:00~17:00   【場 所】うるマルシェ 市民食堂2階 会議室 【参加費】2,000円 【定 員】各回10名 【受付方法】お申し込みフォーム https://forms.gle/RKRJPpBg6ZF4aMLY8   もしくは、お電話にて 【お申込、お問合わせ】   うるマルシェ 098-923-3911

《体験レポート》 大宜味で美味しい体験♪ シークヮーサー収穫体験と 作って食べるワークショップ

By |2022-11-12T19:38:57+09:002022.11.12|

《体験レポート》 大宜味で美味しい体験♪ シークヮーサー収穫体験と作って食べるワークショップ 気持ちのいい風が吹く季節になりましたね♪ そんな心地よさに誘われて、食欲もますます増してきました〜😂 さぁ、今回はこの時期、美味しい食べ物の一つ♪大宜味村特産品のシークヮーサー収穫体験! シークヮーサーといえば、 青切りで酸っぱくてそのままでは食べられないよ:;(∩´﹏`∩);:と思ってませんか? もちろん、そうなんですけど、、、💦 この時期のシークヮーサーは、ほんのり黄色くなって、酸味と甘みが絶妙なバランス✨ 道の駅おおぎみ やんばるの森ビジターセンターで集まって、やんばるの山へ出発! いったいどこまで行くの〜⁉️ というほどクネクネ山を登って見えてきたのは、手付かずの自然に囲まれたシークヮーサー畑! 生産者の大城さん!今日もステキな笑顔で迎えてくれました(^-^) 緑が気持ちいいです♫ 早速、大城さんにシークヮーサーの収穫方法を教えてもらって、収穫開始! 大城さんとおしゃべりをしながら、甘酸っぱいシークヮーサーを頬張ったり❤️ 収穫したシークヮーサーをその場で生搾り!贅沢100%ジュースで、自然の恵みに乾杯✨ 🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟 シークヮーサー収穫を楽しんだ後は、ビジターセンターに戻って「作って食べるワークショップ」がスタート♫ 🌟1週目は、大宜味産そば粉を使った「蕎麦打ち体験」に挑戦です。 混ぜたり、こねたり、香りが立ってきて、もうお腹が鳴りっぱなし❤️ 挽きたてのそば粉、自分で作った出来立ての和蕎麦、、、間違いなく、美味しい( *´艸`)♪   🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟 🌟2週目は、収穫したばかりのシークヮーサーを使って、発酵調味料作り。 発酵ライフアドバイザーの服部さんに教えていただきながら、おいしくなぁれ😊と笑顔のスパイス! 調味料を使った試食をいただきながら、服部さんに質問タイム。 新鮮なシークヮーサーで、体に嬉しい、美味しい発酵調味料が作れたことにみなさん大満足👏 シークヮサー畑が広がる大宜味村の山も、甘さが際立つ黄金シークヮーサーが多くなり、緑と黄金色のステキな色彩が見られるようになってきたようですよ。 今度は、あなたも一緒に行きませんか♫   うるまなびマルシェ  澤岻  

《体験レポート》 うるまなびマルシェ 夜の森をのぞいてみよう ~夜の生き物観察会~

By |2022-11-12T18:00:01+09:002022.11.12|

《体験レポート》 うるまなびマルシェ×おおぎみりょくステーション 夜の森をのぞいてみよう ~夜の生き物観察会~ 日が暮れて心地良い風が吹き始めた頃、目をキラキラさせて活動を始める夜行性の生き物たちがいます。 昼間は見ることのできない夜行性の生き物たちをガイドさんの案内で探してみよう♫ ってことで、大宜味村にある沖縄県立辺土名高等学校にやってきました~❗️ ここには、やんばるに自然にいる生き物たちが観察できる、生き物博物館があるんです! やんばるの生き物だけでなく、こんな生き物たちも、、、(´⊙ω⊙`) 可愛さ余って、見つめ愛❤️ 島ヤギは草より、ハイビスカスがお気に入り♫ 学校内にいる生き物たちと過ごした後は、出発式で辺土名高校の紹介をしてもらいました。 今日ガイドをしてくれるのは、辺土名高校の東先生とサイエンス部の生徒たち! ここで、、、 辺土名高校サイエンス部とは⁉️ ◇サイエンス部 辺土名高校では、「学校まるごと生き物博物館」と題して、やんばる・沖縄の生物から世界の生物まで飼育・展示しています。校庭に植えられている植物やビオトープ(池)も昆虫や野鳥が訪れるように工夫しています。サイエンス部では、生き物博物館で展示している生き物の世話及び、在来生物や外来種の調査・研究を行い科学作品展に出品して多くの賞を受賞しています。また、サイエンス部は、生き物博物館の生き物たちの説明をしたり、世界自然遺産に関わる環境学習や体験学習の講師としても活動しています。        《辺土名高校紹介文より》 今日のスケジュールを話してもらったところで、外はちょうどいい暗さに、、、 バスに乗って、やんばるの森の中へ! どんな生き物たちに出会ったかって⁉️ 今度は、ぜひ参加してくださいね! 東先生、辺土名高校のみなさん、 ありがとうございました(*´꒳`*) うるまなびマルシェ  澤岻

《体験レポート》 大好評につき第三弾♫  うるま市産のコーヒー豆で焙煎講座 〜うるま市でもコーヒー豆が収穫できるんです〜

By |2022-11-12T17:25:19+09:002022.11.12|

《体験レポート》 大好評につき第三弾♫  うるま市産のコーヒー豆で焙煎講座 ~うるま市でもコーヒー豆が収穫できるんです~ 沖縄県のコーヒー栽培! じわりじわりと広がっているようです。 うるま市産コーヒー豆で焙煎体験も好評につき、先日第三弾を行いました!   もう10月も終わりに近づいて、朝夕は秋を感じる事も、、、 と言いたいところですが、うるま市石川のHARU農園はセミの大合唱😂🤣🤣 心地良い風が通り抜ける中、コーヒー農園の見学スタート♫ コーヒーの木を家庭で植えていたり、これから植えてみたいという方もいて、聞きたいことがいっぱい♪ もっと聞きたい事があったはず💦 なのですが、話を聞いてますますワクワク感がUPしたところで、今度はコーヒー焙煎体験〜🙌 伊波さんのダジャレトークも調子が上がってきましたよ〜♪ 恐る恐るフライパンにコーヒー豆を入れて、シャカシャカスタート! 伊波さーん! 焙煎の加減はどうですか〜?と豆を確認してもらいながら、、、 追加のシャカシャカ中~🌀 もう、香りがたまりません、、、 浅煎り、深煎り、みなさんお一人おひとり好みの味に近づけて♪ 油がうっすらと出て、艶が出てます。 これこれ♫ 焙煎したコーヒー豆を粉にして、、、 さぁ! ドキドキのコーヒータイム✨ 今回もステキな笑顔が溢れています。 最高に美味しいオリジナルコーヒーを頂きながら、伊波さんの話に耳を傾ける皆さん。 沖縄県産のコーヒー☕️ ちょうど、伊波さんの畑にお邪魔した時は、1回目、2回目の体験の時より黄色や赤に色付いているものが多くなっていました。 これはコーヒチェリー♪ なんと糖度が15度前後(´⊙ω⊙`) 味をしてみましたが、まだ成熟していないので実はまだ固くほんのり甘みがある感じです。 収穫の時期は11月中旬頃からの見込み。 伊波さんのお話によると、収穫をしてからが大変な作業が待っているそう💦 一つひとつ手で収穫した実をこれまた一つひとつ果肉とコーヒー豆に分け、コーヒー豆の薄皮を取り除いた後に乾燥。 (伊波さんはウォッシュドプロセス) この乾燥も日陰で1日に何度も混ぜ合わせて均一に乾燥させるそうです。 こんなに愛情と手間暇をかけてできたコーヒー豆ですが、ちゃんとしたコーヒーとして採れるのは収穫量の1/10の量! 沖縄産のコーヒーがまだまだ高価な理由がうなづけます。。。 これから、ますます沖縄産のコーヒーが増えてくる事でしょう。 だって、日本で唯一コーヒーベルト最北端の地ですから! 沖縄県産のコーヒーが毎朝美味しく頂ける日が来ますように、、、 うるまなびマルシェ担当 澤岻

Go to Top